スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

4月22~24日 5月7.8日 東日本大震災慰霊行脚・復興支援活動報告(薬王寺公式サイトより)

薬王寺公式サイトからの転載です。

~~~~~~~~~~~~~~~
◆4月22日~24日・5月7日~8日 東日本大震災慰霊行脚・支援活動
       ~南三陸町・女川町・陸前高田市・気仙沼市~

fukkou1.jpg
約一年ぶりの四つの町々・・・
漁港には活気が戻っていた。
しかし、いまだ先の見えないところもたくさん残る・・・。
風化させずに、できることを末永く・・・。

「薬王寺 思い出リターンアクト楓」を立ち上げておよそ半年。
大久保リーダー、れんげサブリーダーを中心に、のべ500人を超える人々のお力により、2400枚の写真を陸前高田市にお届けすることができました。

写真は、陸前高田市「思い出の品」係の皆様と、その部署に集められたいまだ持ち主の分からない写真、仏像、位牌、卒業証書などなど・・・。
所狭しと二階まで並べられています。
一人でも多くの皆様のもとに戻りますようにと願う・・・。
薬王寺からお返しした写真も持ち主が見つかったとのこと。涙がでます。

◆下の写真は、気仙沼市「復興マルシエ」に泳ぐ、全国の皆さんから寄せられた「メッセージ鯉のぼり」
「全国からの温かいメッセージが力に変わります」と、ある店長さん。
気仙沼市の打ち上げられた漁船。テレビなどで誰もが目にした・・・。
所有者様の意向で間もなく撤去されるとのこと・・・。
少しずつ消えてゆく爪痕・・・。それでも心だけはいつまでも残さなければ・・・
スポンサーサイト
line

東日本大震災復興チャリティーコンサート 於 衣笠 大明寺

2013年04月29日
お寺の公式サイトの住職さんの書かれた記事の転載です。
~~~~~~~~~~~~~~~~

◆4月29日(昭和の日) 東日本大震災復興チャリティコンサート◆
live.jpg
お坊さんとしての最後のバンドチャリティー活動を無事に終えました。
これでバンドは引退です。
昨日お越しくださった皆様、ありがとうございました。

福岡県出身の双子シンガー、健太康太さんの素敵な歌声に癒されました。
お二人の引き立て役として頑張ってきました。

line

東日本大震災 第三回忌慰霊法要の動画

2013年03月11日 東日本大震災 第三回忌慰霊法要が行われました。

uvs130311-001b.jpg


檀信徒の皆様、写真洗浄ボランティアの薬王寺楓にご参加の皆様等がいらして下さり、法要、そして14時46分より慰霊の鐘を1人1打鳴らさせて頂きました。

130311_145214a.jpg


動画でごらんください。

ご法要、ご法話 (30分49秒)
[広告] VPS




最初に住職さんが3打つかれたと思いますが、ビデオカメラのセッティングが間に合わず、3打目からの映像です。

慰霊の鐘(6分)
[広告] VPS



復興はまだまだです。
忘れ去るのは早すぎます。
災害は私たちの身にもいつ起こるかわかりません。
災害でなくても、私たち人間は誰でも、多くの人に支えて頂きながら生きています。
今、自分に何か出来る事が見つかったなら、ためらわずお手伝いしたいものです。


薬王寺では写真洗浄ボランティアをしております。
どうぞお近くのみなさん、ご参加下さい↓
写真洗浄ボランティア 薬王寺思い出リターンアクト楓

line

東日本大震災 復興支援活動 第10陣

2012年4月23日~26日
薬王寺公式サイトからの転載です。

~~~~~~~~~~~
第10陣 4月23日~25日 岩手県大槌町・山田町
     大槌町赤浜小学校において炊き出し・海回向・被災地行脚
     大槌町吉里吉里「吉祥寺」様において、身元不明の御遺骨の
     御宝前で読経回向
     吉祥寺 高橋英悟ご住職 ありがとうございました。


第11陣 4月25日~26日 福島県某市 
     震災後、カルト的教団の勧誘からカルト依存になった少女の
     個別カウンセリング


(福島の個別カウンセリングについては、個人情報ですので公開はしません。
 しかし、多くのカルト的要素を持った教団が、こぞって被災地の勧誘に力をいれている現状は、入信者の家族に、二重三重の苦しみとなっていることは、僧侶として全国に発信したい。)


日蓮宗神奈川県第二部災害対策室の有志29名で、岩手県大槌町へ、炊き出し・行脚・海回向へ。

いまだ数百名の行方不明者がいる大槌町。

写真は、加藤町長はじめ、数十人の方が亡くなられた大槌町役場。

yakuba_0300.jpg

町長を中心に、地震の対策会議中だったとのこと・・・。
安らかなる霊山への旅立ちを心よりご祈念。


役場の近くの流されてしまった家の前には、「おばあちゃん、はやく帰ってきて」と書かれている。
涙がとまらない・・・。



地元の皆様、約120名と海回向。

umiekou_0024.jpg

多くの人が涙を流されている・・・。

行方不明者の方々が、一刻も早くご家族のもとへ帰れますように。

昨年よりも、船の数が増えていた。
全国からの支援などによるとのこと。

まだまだこれからの支援が必要であることを
忘れてはいけない。



夕方からは、五分咲きの桜の下で焚きだしです。

地元の皆様との交流で色々な話しを伺いました。
「瓦礫は減っても何も変わっていない」という言葉が残ります。
それでも元気に笑顔で語られる皆さんの顔を、生涯忘れない。
国、行政、国民が風化させずに皆で取り組まなければ。


うしろに見える赤浜小学校の体育館。

takidashi_0097.jpg

避難所となっていたが、一階まで浸水。
一人のおばあちゃまが亡くなられたのでした。

その日は、体育館で寝袋で寝かせて頂きました。
たった一日でも辛い・・・。避難所生活の過酷さを痛感・・・。

震災から1年・・・。
瓦礫は減っても、国の政策が行き届いているようには思えない。
先生方にも現地の過酷な状況を見て頂きたい・・・。

line

東日本大震災一周忌法要

2012年03月11日・・・・・・

皆様はどのように過ごされましたでしょうか?

私れんげは、午前中は参加させて頂いている横浜の「写真洗浄」の
ボランティアに行き、始まる前に皆さんと海の方に向かって黙祷。
午後はお寺の法要に参列させて頂きました。

一年前、私たち神奈川の人間も、電車が止まったり、停電したり、
食料品、日用品が品薄になったり。
自分達にも震災の影響があったからなおさら、被災地を想い、
これぐらいの我慢では申し訳ないような気持になったりしました。
何か出来る事はないかと、いろいろジタバタしたりもしました。

私にとっては一つの区切り。
終わりと言う意味ではありません。
終わりの区切りではなく、続く為の区切りです。
この一年を振り返り、思いを新たに歩いて行こうと。
出来る事見つけながら、より強く復興と癒しを願いつつ、私自身も「グリーフ」から立ち直って行かなければと。
そんな一日でした。

しかし、横浜から鎌倉に向かう電車で、北鎌倉を過ぎてから寝てしまい、気が付けば鎌倉を通り越していたと言う・・・(^.^;
ゆっくりお墓参りして、それから法要と思って急いで来たのに、結局逗子まで行って折り返し、アタフタとお墓参り

あいかわらず、落ち着きのない私でした(^_^;)

前置き長すぎましたm(_ _)m


311.jpg

参列された方は少なかったものの、静かにそれぞれの想いを届けることが出来たと思います。

いらっしゃれなかった方も、どうぞ動画でご参列下さい。
共に想いを届けましょう。

[広告] VPS


line
line

FC2Ad

line
プロフィール

Yakuouji supporters

Author:Yakuouji supporters
鎌倉薬王寺ブログへようこそ!
ここでは、鎌倉薬王寺の行事や活動についてレポートして行きたいと思っています。

お寺とのご縁を頂いてからまだ日が浅く、用語やご説明がおかしい所があるかと思います。行事も不慣れですが、新鮮な気持ちと感謝の気持ちで参加させて頂いておりますので、こんな慣れない人間のレポートもアリかと、笑ってご容赦下さい。      
       ブログ管理: れんげ

鎌倉薬王寺青壮年会のホームページはこちらです!
鎌倉薬王寺サポーターズ

管理の都合上、ブログでのコメントは出来ませんので、何かございましたら、上記の青壮年会のサイトよりメールフォームにて受付させて頂いております。

line
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
line
最新記事
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。