スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

陸前高田へ

2013年05月08日陸前高田「思い出の品」さんに伺いました。
前の記事で住職さんが書いて下さっていますが、こちらはれんげ目線のレポートです。
こちらの写真は、集合写真以外はクリックすると大きい画像が見られます。

薬王寺思い出リターンアクト楓では、現在、陸前高田からお預かりした写真を主に洗浄させて頂いております。

今回、住職さん、副住職さん、リーダーと4人で伺いました。

私自身は、みなとみらいの思い出返し隊で活動させて頂いている時から、陸前高田の写真と関わらせて頂いて来て、いつかは思い出の品さんに伺ってみたいとは思っていました。
が、娘を亡くした自分以上の悲しみがあまりにもたくさんある場所に伺う事が、自分の苦しみをまた引きずり出して何倍にもしてしまいそうで、恐くもありました・・・



130508_125517.jpg一ノ関から車で向かう途中、気仙沼の第18共徳丸の前の祭壇で、住職さんが静かに読経、みんなで手を合わせ、お線香をあげさせて頂きました。
船の下で潰れている車に、自分の胸も潰れそうでした。
「写真撮影等にあたっては犠牲者や被災者へのご配慮をお願いいたします」と看板があります。
なかったとしても、写真を撮らせて頂くのはためらわれたと思いますが、お寺のブログで皆さんにご報告するのも大事と思い、御不快になられる方がいらっしゃらないようにと祈りながら、サッと撮らせて頂きました。




途中、復幸マルシェで昼食。
メッセージ鯉のぼりが青空に元気に泳いでいました。

130508_132932.jpg 130508_132949.jpg




高田松原道の駅の前の追悼施設でも、住職さんの静かな読経と、副住職さんが鎌倉からお持ちになったお花を献花され、ご冥福をお祈りさせて頂きました。

130508_140120.jpg 130508_140505.jpg

130508_135628.jpg 130508_135733.jpg




思い出の品さんでは、明るく優しい代表とスタッフの皆様にお会い出来て、お話し出来て、薬王寺 楓が前回の活動でお送りした写真の持ち主さんがわかり、これからお届けに行くと伺い、感動と感謝でいっぱいでした。

130508_143923.jpg 130508_142234.jpg

130508_142228.jpg 130508_153655.jpg




薬王寺 楓の参加者さんに見せたくて、持ち主さんがわかったアルバムを仮設住宅にお届けに行って下さるスタッフさんに写真を撮らせて下さいと言うと、私たちの洗浄させて頂いた写真を持って、快く素敵な笑顔で写って下さいました
ありがとうございました。

130508_153952.jpg



代表様、スタッフの皆様、短時間で何のお手伝いも出来ず、お邪魔致しました
これからもよろしくお願いいたします
スポンサーサイト
line

薬王寺の写真洗浄ボランティア

2012年11月15日 薬王寺 思い出リターンアクト 楓

みなさまこんばんは。
かえで・・・じゃなかった、れんげです(笑)

薬王寺主催、写真洗浄ボランティアのがスタートし、印刷物やブログの準備等で、自分が「かえで」だか「れんげ」だかわからなくなるような今日この頃です
え!?似てませんか?「かえで」と「れんげ」
(゚O゚; 一文字も合ってない・・・

そんな事はおいといて、お檀家の皆様へのご報告もかねて、初日のレポートをさせて頂きます。

住職さんを代表として、頼もしい写真洗浄のエキスパートOさんにリーダー(責任者?)をお願いして、あまり準備期間のないままにスタート致しました。
まず、スタッフとして、お檀家の皆様がお使いになるお部屋をお借りしての活動、快く受け入れて下さった皆様に心よりお礼をもうしあげます。


準備はまず、畳の上に防水シートを敷きます。

121115_135353.jpg


そして作業台をこのようにセッティング。

121115_140532.jpg


ご参加下さったみなさんの力で、どんどん準備が進みました


作業の様子です。今回はくっついてしまった写真を水に漬け、そっと剥がして丁寧に洗う作業です。

121115_142557.jpg


午後の部も、夜の部も、途中で一回休憩を取ります。
ボランティアの原則(かな?)、おやつを食べたかったら自分で持参・・・でしたが、参加者さんがみなさんでと持ってきて下さった、たくさんのお菓子が集まりました

121115_150142.jpg


差し入れ、運営資金の募金、大歓迎です


静岡から、前日入籍したばかりの新婚ホヤホヤ夫婦が参加してくれたり、いつもお寺の行事のお手伝いして下さる仏具屋さんがボランティアにも参加して下さったり。
20代~80代まで、幅広い年齢層の方のご参加でした。
20代はもちろん私・・・(゜゜☆\(--メ)ポカッ
ではありません(笑)

の花言葉の一つ「大切な思い出」
写真がどなたかの大切な思い出である事を考えながら、大切に扱おうと言う気持ちがあれば、どなたでも出来る作業です。

皆様のご参加、お待ちしております。

ご参加については、楓のブログをご覧ください。
薬王寺 思い出リターンアクト 楓

かえで
れんげ
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

Yakuouji supporters

Author:Yakuouji supporters
鎌倉薬王寺ブログへようこそ!
ここでは、鎌倉薬王寺の行事や活動についてレポートして行きたいと思っています。

お寺とのご縁を頂いてからまだ日が浅く、用語やご説明がおかしい所があるかと思います。行事も不慣れですが、新鮮な気持ちと感謝の気持ちで参加させて頂いておりますので、こんな慣れない人間のレポートもアリかと、笑ってご容赦下さい。      
       ブログ管理: れんげ

鎌倉薬王寺青壮年会のホームページはこちらです!
鎌倉薬王寺サポーターズ

管理の都合上、ブログでのコメントは出来ませんので、何かございましたら、上記の青壮年会のサイトよりメールフォームにて受付させて頂いております。

line
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
line
最新記事
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。